日本ブログ村 1日1回押していただけますと、力が沸いてきます

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 【タイ特亜】 日本はアジアの民主主義国の中で最も悲観的 | トップページ | 【タイ特亜】 北京との関係は疑いの余地なし »

2017年9月 5日 (火)

【タイ国内】 ラヨーン特急鉄道は2023年に開通設定

1_3
.
 特別報告書:計画された21億バーツプロジェクトは、EEC(ラヨーン、チョンブリ、チャチェンサオ 東部経済回廊)に大きな起爆と期待されている
.
 タイ国営鉄道(SRT)は、2023年までに193キロのバンコク - ラヨーン高速タイ - 日本鉄道のサービスを開始することを目指しており、切符料金は初乗り20バーツから1キロメートル当たり1.80バーツ。
 215億バーツの鉄道プロジェクトは、当初はバンコクのドンムアン空港、サムット・プラカンのスワンナブーム空港、ラヨーンのUタパオ空港を結ぶことで、EEC 東経経済回廊の連結を確立する計画の一部である。
 高速列車は、1.4メートルの標準軌道、時速250kmで走行するように設定されていると、SRT配下で鉄道整備事業を監督するチュラテップ・ティッタソンバットセンター長は語った。
 「このタイ・日本の鉄道プロジェクトは、人々の通勤オプションを増やし、生活の質を高め、地域の観光を促進するのに役立つだろう」と彼は語った。
.
 SRTは最近、チャチェンサオで公聴会を行い、完了時に県を通過するプロジェクトに関する地元の意見を尋ねた。
 聴聞会での公衆の関心事は、地方自治体の価格設定、経路に参画できるかどうかが含まれていました。
 チュラテップ氏は、同じルートに沿って走っているシティラインは、異なる価格で提供されると語った。
 シティラインの切符料金は、初乗り13バーツ、以降キロあたり2バーツです。
 チュラテップ氏によると、シティラインは時速160kmで運行する予定です。
 高速鉄道とシティラインに加えて、ドンムアンからスワンナプームへの乗客を連れて行く別の都市間鉄道も運行されると、チュラテープ氏は述べた。
 彼によると、50kmの2時間予定です。
 バンコク - ラヨーン鉄道を利用する3つのサービスはすべて、バンコク、サムット・プラカン、チャチャンサオ、チョンブリを通り、最終地はラヨーンです。
チュラテップ氏は、シティラインは10駅を予定していると言いました。ドンムアン、バンスー、マッカサン、スワンナプーム、チャチャンサオ、チョンブリ、シーラチャー、パタヤ、Uタパオ、ラヨ-ンです。
.
 SRTの報告によると、約103,000人がドンムアンからスワンナプームまで毎日ルートを利用すると推定されています。
 スワンナプームからラヨーンまでの高速ルートは、1日あたり約66,000人の乗客が推定されているが、2072年には362,000人に増加すると予想されています。
 ルーティングシステムとサービスは、チャチェンサオとチョンブリで開催された会議などの公聴会からSRTが収集した情報を考慮して計画されています。この計画は、今月中にプラユット・チャン・オチャー首相が議長を務めるEEC理事会に提出され、承認される予定です。  
 EECは、主に鉄道システムなどのアクセスポイントを増強し、Uタパオ空港を近代化することによって、ラヨーン、チョンブリ、チャチョンサオの3つの東部地域を開発するために政府が実施するプロジェクトです。
 チュラテップ氏は、ドンムアン、スワンナブーム、Uタパオの空港を結ぶ高速鉄道の建設は来年から始まるとしています。
 このルートにより、ラヨーンのMap Ta Phut工業団地まで開通します。ルートは完了するまでに5年かかり、210億バーツと想定されています。同計画がEECの承認を得た後、民間企業に公募することになると述べた。
 バンコクでもEEC計画が実施されている。SRTによると、新しい鉄道の1.4メートルのサイズは、現在のバンコクエアポートリンクと互換性があります。
.
 空港リンクと新鉄道を結ぶ延長線は、パヤタイからドンムアン、ラッカバーンからラヨ-ンが増設されます。
 一方、9月12日日本経済産業省が率いる500社以上の日本企業が今月訪タイし、投資についてプラユット首相と議論する予定です。
.
.
中国にとられないように期待しています。

« 【タイ特亜】 日本はアジアの民主主義国の中で最も悲観的 | トップページ | 【タイ特亜】 北京との関係は疑いの余地なし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219303/65752571

この記事へのトラックバック一覧です: 【タイ国内】 ラヨーン特急鉄道は2023年に開通設定:

« 【タイ特亜】 日本はアジアの民主主義国の中で最も悲観的 | トップページ | 【タイ特亜】 北京との関係は疑いの余地なし »

無料ブログはココログ

楽天人気ブログ

  • 楽天人気ブログ