日本ブログ村 1日1回押していただけますと、力が沸いてきます

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 【タイ国内】 涙目のインラック、私は決して不誠実ではない | トップページ | 【タイ東亜ニュース from タイ】 中国におけるキャッシュレスのトレンドが定着 »

2017年8月 2日 (水)

【タイ東亜ニュース from タイ】 Huawei AI機能は成長を促進

1_7
スマートフォンの世界第3位のファーウェイ(Huawei)は、他社と比べてより高性能な人工知能(AI)機能を搭載したスマートフォンを発売している。
Huaweiの消費者ビジネスグループのリチャード・ユー氏は、世界初の世界的なメディアに関するビデオ会議で、「ユーザーは、ユーザーを理解し、アドバイスを提供できるパーソナルアシスタントなど、新しい携帯電話のインテリジェントな機能を期待できます。 2017年のパフォーマンス。 弊社は引き続き研究開発に投資し、ますます増加する顧客の期待に応える革新技術を提供し、競合他社との競争を維持し、ブランドを確立する。 Huaweiはこの10年間に研究開発に総額450億ドル(1.5兆バーツ)を費やし、2016年には世界のトップ10企業でR&Dで9位にランクされました。 重要な研究開発投資はすでに、Huaweiを世界第3位のスマートフォンメーカー、および中国でナンバーワンにしました。今年上半期の売上高は1054億人民元(5,270億バーツ)で36.2%増加し、7,300万台が20.6%の伸びを示した。同社は今年末までに2桁台の成長を達成し、2000億ドルのCNYを達成する予定です。 Huaweiは、Pシリーズ、Mateシリーズのハイエンド市場で成功しており、前年比で100%の成長を示しています。単価500米ドルの携帯端末世界市場シェアは、2016年5月に8.2%、2017年5月に14%増加しました。
Yu氏は、同社がこのような高い成長性を持つスマートフォン市場のために、タイを最優先国の1つとして選んだと述べた。 タイのスマートフォン500米ドルの市場シェアは、2016年の1.6%から今年は8.3%に増加しました。
GFKによると、ファーウェイのタイのスマートフォン市場全体のシェアは、2016年5月の1.2%から2017年5月の10.7%に急上昇しています。 Huaweiは、Kirin チップセットにAIを導入した最初のブランドとなる見込みです。この技術は、音声認識などの機能をサポートしています。9月にIFA 2017でAIの機能を明らかにすると宣言しました。
やっぱりタイではiPhoneがブランドです。あとOPPO、最近よく目にします。
もし、タイ語を使うことを考えているなら、個人的にはiPhone一択。Androidは、タイ語表示する分にはなんてことないのですが、タイ語キーボード使うまでテクニックがいるのと、機種によって相性がいろいろあるようです。個人のXperiaで挑戦しましたが、設定するのがめんどくさかったので、結局iPhone使っています。

« 【タイ国内】 涙目のインラック、私は決して不誠実ではない | トップページ | 【タイ東亜ニュース from タイ】 中国におけるキャッシュレスのトレンドが定着 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219303/65613457

この記事へのトラックバック一覧です: 【タイ東亜ニュース from タイ】 Huawei AI機能は成長を促進:

« 【タイ国内】 涙目のインラック、私は決して不誠実ではない | トップページ | 【タイ東亜ニュース from タイ】 中国におけるキャッシュレスのトレンドが定着 »

無料ブログはココログ

楽天人気ブログ

  • 楽天人気ブログ