日本ブログ村 1日1回押していただけますと、力が沸いてきます

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 【タイ国内】 上半期の対タイ外国直接投資申請、日本頼み鮮明 | トップページ | 【タイ国内】 アピシットは裁判判決を尊重することを訴えた »

2017年8月 3日 (木)

【タイ東亜ニュース from タイ】 ティラーソン国務長官、会談のためプラユット首相を訪問

1_3
来週、米国ラックス・ティラーソン国務長官はタイを訪問し、ドナルド・トランプ大統領から4月から延びているプラユット・チャン・オチャー首相の公式訪問を促す予定。
ティラーソン国務長官は、火曜日に、プラユット首相のホワイトハウス訪問予定を含む、二国間協議に焦点を当てて会談する予定であると、政府の情報筋が昨日語った。
国務省は、ティラーソンが土曜日から水曜日まで、マニラ、バンコク、クアラルンプールを訪問し、アセアン閣僚会議を行い、二国間関係を強化すると発表した。
ヒーサー・ナウアート報道官によると、今回のティラーソン国務長官は、プミポン国王の後任である王太子陛下に敬意を表するとともに、米国とタイの持続的なパートナーシップと地域問題についてタイ関係者と会談すると述べた。
報道官は、プラユット氏とティラーソン氏との間の議論では、二国間関係を復活させ、来年の外交交渉200周年記念日準備が期待される、との見通しを明らかにした。 
プラユット首相の米国訪問は、当初7月下旬に予定されたが、タイ政府が「相互不安定」の理由で延期していた。 しかし、外交筋は、ワシントンは、両首脳が朝鮮半島問題と南シナ海問題での地域情勢変化に対して意義ある成果を生み出すため、より多くの時間をかけたいと述べた。
政府報道官ウェラチョン・スコンデパパパック中将は、会議が確実に開催される一方で、今年訪米するかどうかを確認することはできないと語った。
商務省、外務省などの機関が協議の準備をしている。軍部長はまた、プラユット首相のトランプ氏会談に先立って、米国製の軍用機材を入手すると語った。 ウェラチョン氏は、貿易や投資、知的財産、安全保障問題、人身売買などの問題について議論する予定だと語った。
先月、ワシントンDCで第6回タイ・米国戦略対話が開催され、代表団は南シナ海の安定と経済・安全保障協力を議論したが、具体的な成果は出せなかった。
また、マニラのアセアン会談で、ティラーソン国務長官は、韓半島の非核化、海上安全保障、テロ対策を含む様々な問題について議論する予定。
Prayut to meet Tillerson for wide-ranging talks in Thailand

北朝鮮については、制裁に同意するでしょうが、南沙諸島についてはどうするのでしょうか?板挟みには違いないですが、フィリピン、ベトナム、マレーシアみたいに直接利害が絡むわけでもないので不鮮明なままなのでしょうか?
ただ、対米黒字削減についての言質はとられるでしょうね。

« 【タイ国内】 上半期の対タイ外国直接投資申請、日本頼み鮮明 | トップページ | 【タイ国内】 アピシットは裁判判決を尊重することを訴えた »

軍事政権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219303/65617337

この記事へのトラックバック一覧です: 【タイ東亜ニュース from タイ】 ティラーソン国務長官、会談のためプラユット首相を訪問:

« 【タイ国内】 上半期の対タイ外国直接投資申請、日本頼み鮮明 | トップページ | 【タイ国内】 アピシットは裁判判決を尊重することを訴えた »

無料ブログはココログ

楽天人気ブログ

  • 楽天人気ブログ